スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総会かけもち 

午後から総会を二つ掛け持ちしてきました。私もメンバーである琵琶湖の環境保全を目指して活動する「NPO法人びわ湖トラスト」の総会に初めて出てきました。巨大な自然を相手に環境保全運動を効果的に進めるのは大変なのが良く分かりました。もうひとつは神戸でボートを自ら漕ぎながら普及を進めている地域クラブ「神戸漕艇連盟」の総会は神戸・三宮であってひさしぶりにたくさんの方達と会えました。わが国に地域クラブをもっと根付かせるためにはお互いの運営ノウハウを交換することが大切です。 今日の二つの総会で感じたことはボランてア団体であることが活動資金の調達への攻め方が甘くなっていて、手法が確立できていないことです。資金の裏付けのない夢はどこまでも夢のままなのです・・・。

コメント

今、平田竹男氏の「サッカーという名の戦争~日本代表、外交交渉の舞台裏」(2009年刊)という本を読んでいます。
Jリーグ発足前から官僚として、途中からは専務理事としてサッカーにかかわってきた、同氏の話はとても興味深いです。
例えば、女子サッカーについて「テレビに映らない限りは試合をやっていないのと同じだ」「お金を出してでも放送してもらいたい」という一方で、「赤字を出していては継続的な発展は無理」「放映権料を取れるスポーツは限られている」等々・・・
スポーツにもビジネス感覚が必要だと、よくわかります。
環境保全もボートも知恵をひねり出さなければいけません・・・

って、古川さんがず~っと前から指摘されてきたことばかりですね。

こんにちは。

「資金の裏付けのない夢はどこまでも夢のままなのです」

重いお言葉です。

現実にはなにごともお金がないと。。。

お金より大切なことをするためにもお金が必要  なのです。

こんなことしてないで(笑?)仕事します。

失礼します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kboat.blog88.fc2.com/tb.php/2172-990946e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。