スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川魚料理 




朝にベオグラードのホテルを1BOX車2台に分乗して次の宿泊地に向けて出発しました。4時間ほどかけて二泊、三泊目のホテルに到着です。ドナウ川縁に建つレストラン併設のホテルですが田舎の感じは拭えません。部屋に入ったあと、少し遅めの昼食をとりました。
お昼はなまずのような川魚をぶつ切りに煮込んだスパイシーで濃いめのスープをうどんのようなパスタにかけてたものです。川魚特有の淡白な味ととても臭みがあります。魚体の写真には扁平でひげがあったから多分この前のドナウ川で捕れたなまずでしょう。琵琶湖の味を懐かしく思い出しました。
ひと漕ぎしたあとの夕食はおいしいトマトとチーズのサラダのあとに出てきたのはまたまた川魚料理でした。小魚と大型魚の輪切りをから揚げにしたものです。そのうちの一つは鯉との説明です。やはり特有の臭みと白身の淡白な味でしたがさすがにボート漕ぎ仲間達はきれいに平らげていました。レストランは大勢の客が来ていてここは景色も良くて有名な川魚料理なのでしょう。

コメント

こんにちは。

なるほどなるほど。

ドナウ川は淡水ですから鯉も鯰の当然ですね。

鯉は中華でたべたことありますが鯰は。。

失礼いたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kboat.blog88.fc2.com/tb.php/2186-01973911

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。