スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観音様 



杭州から車で4時間近くのところにあるお坊さんの学校に連れていってもらってそこに隠居中の高僧のお話しを聞きました。比叡山延暦寺にも5回行ったことがあるそうです。延暦寺の地元からきたのですごく歓迎していただきました。病気になってこれからの生きかたについてたくさんのことを話してくれました。じーっと目を見つめられて話されて私は自分の雑念いっぱいの心を見透かされたようでつい目を逸らせてしまうこと多々でした。でも特別なことではなく極、当たり前の生き方を諭されたと思います。「この九月までに生き方の目処をつけなさい」とも云われました。今日は中国まできて改めて自分の生き方を考え直す機会を得たようです。よかった。 そのあと近くの島にフエリーで渡って観音様におまいりしてきました。
夕方には上海空港近くのホテルまで戻ってきて4日間の中国病気回復祈願の旅は終わりに近ずきました。旧友WUDI社熊会長には大変お世話になりました。

コメント

こんにちは。

観音様のご加護がありますように。

悟りの境地ってところなのでしょうか。

失礼します。いつもすみません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kboat.blog88.fc2.com/tb.php/2214-862da7d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。