スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチの評価法 

ボートのナショナルコーチの評価をどのようにするのか?難しいことです。単に競技成績の結果でのみ判断していいのかを私なりに強化委員会で意見と提案をしました。 コーチは単に漕艇技術と体力(競技力)への知識だけでいいのか? いまだにそのレベルの評価しかできない日本が問題です。 チームが強くなるのは多くの要素を計画的クリアしないといけません。当に会社経営のように課題を確実に達成しないと勝利はやって来ません。勝利は単に頑張っていたら、天から降ってくるのではなく、獲得することなのです。その中で一番大切なのは漕艇の知識ではなくて選手および選手の出身団体とのコミニュケーション力と思うのですがこれが出来ないコーチが多くなってきました。現代はリーダの育ち難い世の中なんですね・・・。最近はそれを強く感じています。

コメント

心配です

古川さんの最終書き込みから1か月が経ちます。体調のこともあり心配です。お知り合いの方で近況をご存知でしたら、お手数ですがぜひコメントください。

確かに技術だけでは勝利は獲得出来ないと思います。日本はコーチも選手も指示型命令的なコミュニケーションです。競技スポーツなので勝つか負けるかのスポーツです。だから勝たなければならない‼勝ちたいと選手自身が思ってスキルを伸ばそうと勉強しなければならない‼
人としての成長もなければ勝利は獲得出来ないと思います。
それを導く声掛けがコーチングであり、勝つだけが結果でもなく、その過程のプロセスが評価ではないかと私は思います。

古川さんにはどんどん提言していただきたいです。
各々、互いに批判するのは結構ですが、同じベクトルで協力できないのは、悲しいことです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kboat.blog88.fc2.com/tb.php/2231-49ab0eee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。